このエントリーをはてなブックマークに追加
最新情報!クルマの人気車種を大調査

最近のクルマの車種の変化について

数年ほど前からだんだんと昔に比べて大幅に違ったクルマがたくさん登場してきています。
その典型的な車種はハイブリッドで稼働する種類の車です。

これは加減速の負担の大きい低速域ではモーターで稼働させて高速域になると従来通りにエンジンで稼働させてモーターを充電させて燃費を改善しようという趣旨の車です。

そしてそれが発売されると多くの人がこぞって注文に殺到して今では街の至る所でたくさん見かけるようになりました。
またハイブリッドではありませんが、低燃費をアピールした様々な種類を見かけます。
ある種類では停車中はアイドリングストップ機能がついていて、停車中はエンジンが停止して余計な稼働時間をカットすることで燃費を改善しようとした種類です。

いずれにしてもそれらの種類が登場して燃料使用量や燃料代が少なくなった人がたくさんい増えたのは確かです。

そんな燃料代や燃料使用量の削減に貢献しているエコなクルマの車種たちですが、しかしこれらの車の変化は燃料の使用削減だけではありません。他の部分でも様々な変化を見せています。
ほかの様々な変化の1つはエンジンボタンです。

エンジンを稼働させて操作するには従来は鍵をさして回して稼働させていました。
しかし近年の一部では鍵をささずにボタンを押すだけで稼働できるのが増えました。
そしてその種類の車のキーには鍵穴をさすような構造になっていません。ただ単に近づいたら勝手に反応して鍵が解除されて乗り込むだけです。

しかし鍵関係では同時に気を付けないとならないことが増えました。
それは盗難警報装置です。

いまどきの種類のはほとんどそれが搭載されています。
しかし鍵の開け方が大幅に変わったために取り扱いを誤ると無理やり開けていないにも関わらずクラクションが鳴るかのような大きな音で反応してしまって時折それを鳴らしている人を見かけます。
また一部の種類ではアイドリングストップ機能がついているので停車中にエンジンがストップして余計な燃料をカットできて燃料の節約になりますが、再度動かすにはブレーキを離してエンジンを稼働させるまでに1秒そこらの時間がかかるので、すぐにスタートしないとならない時は前の車に衝突しないように注意しながらも早めにブレーキを解除して操作するなどの工夫が必要になります。
それゆえに最近の種類に乗るならばただ単に燃費だけではなくてドア関係や運転取扱いなどに慎重にならないとならないのです。

Copyright (C)2017最新情報!クルマの人気車種を大調査.All rights reserved.